ベルメゾンネット【携帯向けサイト】ベルメゾンネット【携帯向けサイト】ベルメゾンネット【携帯向けサイト】

卯月の販売士1級受験 勉強法の話

光で起きる目覚まし時計
intiSQUAREのお話から
スピンオフさせました、

主婦卯月が行った
資格の受験勉強法。

ちっちゃなヒントにでも
なってくれたら
嬉しいので、

忙しい中でも
サクッと読めるようまとめました。
良かったらどうぞ○o。+..:*

3年半掛けてコツコツ登って行った

 

販売士検定は、3級からあります。

3級から徐々に取得しなければ
いけないものではありませんので、
いきなり1級を受験したって構いません。

卯月は3級はどんな内容なのか
2級がどこまでの内容で身につけるべきなのか
そういう事も把握・体験したかったし
コツコツ型なので、
3級から1級まで
約3年半掛けて取得していきました。

ずっと前から憧れ、目指していた1級ですが
1度目失敗して、
2度目の受験で合格でした。

2度目の受験は
5科目中 1度目合格した科目が免除され、
不合格だった科目だけ受検できます。
私はあと2科目合格したかったんです。

これでダメなら1年越しで
3度目受験しなきゃならない。
お金だってかかる。
で 3度目ダメだったら、

振り出しに戻って
5教科1から受け直しなんですよ。

絶対にヤダッッッ!!

 

死に物狂いで勉強しました。

カカオの香りで記憶力が増すとか
何かそんなのも聞いてやってみたり。

 

大詰めの時期に見た脳科学的に証明されている朝方勉強法

 

でもそんな時、
やっぱり追い込みの時期でしたか、
テレビで見たんですよね

 脳は夜記憶を定着させるから、

長く質の良い熟睡タイムを確保して、

朝早く起きて復習するのが一番である って。

で、私
中学3年の担任が(担当:理科)
同じことを言っていたのを
ずーーーっと良く覚えていたんです。

でも実際にやったことがなかった。

もう今度こそ絶対
1級に何が何でも受かりたい私は
やってみましたよ。

…自身でも驚きましたが

間違いなくすんなり
勉強がはかどって
沢山覚えられて自身がつき、
有難いことに合格できました。

仕事から帰宅
さっさと夕食入浴を済ませて
ダンナが帰ってくる時間まで
じっくり勉強(3~4時間)

ダンナのお給仕したら、
遅くとも10時には先に就寝

睡眠時間はたっぷり確保がポイント
  ↓
朝5~6時に目覚まし 起床
昨夜の学習部分をおさらい

前夜勉強した事が
頭の中にしっかり浮かんできて
「よし 覚えてる覚えてる」と
つくづく実感出来て、
物凄い自信に繋がった。

よって、朝の勉強が楽しかったんです。

 

手前味噌ですが
1級合格は嬉しかった。

合格証書と認定証が来ると、
希望者はその級のバッジが買えるんです。

1457453237_102

コレが欲しくて欲しくて
3級からコツコツコツコツ
頑張りました。

高校受験とか
専門学校受験より頑張ったwww!
最後受験日前日は
半べそかきながら
図書館で筆記試験対策してました。
やらなきゃ不安だったから。
絶対完璧にしておきたかったから。

 

朝方勉強法+4色のペンが合格を導くよ!

 

因みに。。。

マーカーとか
大事な所に使う色は
4色をオススメします。

 なかなか覚えられて無いぞ!⇒強いピンク
 大事を強調したい所    ⇒オレンジ
 大事なとこだぞ      ⇒ちょっと薄いオレンジ
押えておきたいとこ    ⇒黄緑
まぁ一応チェックしとくか ⇒水色 

oodf5gd_snn12ba1479748492_1479748606

未だに大事にしてる
私の最高の相棒たち。

自分で好きに決めた色、色数ですが、
コンビニで似たような色チョイスで

4色使い
それで覚えられる! 的な書籍を見て

「嘘マジ(゚∀゚)!?

 アタシ今それやってんじゃん」


ビックリしてついその新書買っちゃったっすwww

それに、
これも以前テレビで
東大に合格した人のノートはこうだ!
みたいな特集を何かの番組でやっていて。

「おおー
やっぱり4色に分けてキレイにノート作るのは
強いんだなあ~」
って納得しましたよ。

 頑張って朝を克服してください!
夜はた~っぷり
質の良い睡眠を取るのが凄く大事です。
脳が記憶を整理整頓する大事なじかんになるから。

そして早朝起きて復習して下さい。
そこで記憶をしっかり定着させるんです。

脳科学的にはそれが良い方法なんだそうです。
ホンマでっかTVでも言ってました。

▼早起きの相棒におすすめ▼
intiSQUARE

それではまた~(^_^)/~

▼応援ポチ頂けると励みになります!▼

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ

blogramによるブログ分析



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ