動物実験していないメーカー掲載のコスメガイド販売中 JAVAグッズストア ※このバナーはJAVA様の使用許可を頂いております

ソアホックを見逃すな!

スッタカスッタカ…

スッタカスッタカ…

乾いた洗濯物とーちゃんのパジャマ クンカクンカ…

意外と足の裏、お腹を見ていない飼い主様が
多いようです。

その為、ソアホックがかなり痛々しく進んでいたり、
お腹に盲腸糞がたくさんくっついている状態
全く気づかずに、
うさぎ専用ホテルにチェックインするときの
簡単身体チェックで指摘されるパターン とか、
うさんぽさせていたら、
床に点々と血痕が付いているのを発見して

工工工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工工工ッ!!?

…と仰天して
初めて酷い状態にまで進んでいる事を知った とか、
そのようなお話を幾つか見聞きしています。

たとえグルーミングはプロにいつも任せていても、
うさんぽの時は、
足の裏のソアホックの簡単なチェックが出来る
絶好の機会だと思うんです。

お腹はうたっちの時か、
意図して抱っこで確認しないと
難しいでしょうけれどね。

こっち向いてくれたらカンペキッΣ(・∀・;)

ソアホックの原因って堅い素材の床 っていうのが
定説ですけれど、
分からないけど、
3羽飼っていて、畳もそうなんじゃないかなぁ…って思ってて…
畳って意外と滑りが良いから、
物理的な説明が出来ないけど、擦れちゃうんじゃないかって…。

だってコンクリートの上で生活が長くて居た2代目が

KC3X0027

あんなにキレイな足の裏だったのに、
(⇑獣医に驚かれた^^;)
我が家に来た途端に
うっすらソアホックになったんですもん^^;
毛をめくらないと分からないくらい、ちーこい範囲でしたけど。

それが分かったから慌ててキルティング布を買ってきて
足の保護になればと使い始めたんですよね。


(⇑この時から使ってるお空柄の布)

スッタカスッタカ歩いている時は毛に覆われてますから、
やっぱりちゃんと抱っこして毛をめくって
早期発見を心がけるのは大切な事です。
早く対策がとれますから。

爪の伸び過ぎも原因になります
また伸びすぎると足の着地が正常ではなくなるから、
骨に負担がかかって異常をきたす可能性も出てきます

別件、爪の伸びすぎはそれに比例して
中に走る血管が徐々に長くなってきて
最終的には伸びすぎた爪と共に血管も一緒に切り落とし、
バランスの良い長さを保つケアをしなければなりません。

その時うさぎは怖がります。
痛さもあったのかどうかはちょっと分かりませんが、
「キッ!」って鳴きながら施術されていた…と、
心を痛めながら獣医さんの作業を見ていた
うさ飼い主様のブログを以前読んだことがあります。

そういう可哀想な姿は見たくない。。

 

もう少し気温が落ち着いたら、
健康診断 頑張って血液検査もしに行こうね。

今日も皆様とウサ様が幸せでありますように。。。
ではでは~(^_^)/~

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ