動物実験していないメーカー掲載のコスメガイド販売中 JAVAグッズストア ※このバナーはJAVA様の使用許可を頂いております

【西日本豪雨】被災地ボランティアに参加してきた

せっかく主人の帰省に同行するならと、

西日本豪雨被災地のボランティア活動に

参加してきました。

 

私が赴いたのは、

広島県安芸郡坂町の、小屋浦。

小屋浦4丁目は豪雨後、

呉と共に真っ先に報道された

非常に酷い有様になっている地区です。


じゃないよ 後ろを指さしてるよ
は不謹慎だもんね。

 

ここは奥まった土地で、

道幅も狭く大きなトラックや重機が

沢山入り込めないそうなんです。

未だに軽トラ、小さめショベルカー、


※上・参考写真

そして人力でスコップと一輪車で

土砂を運び出している状態でした。

 

また驚いた事に、

土砂と一緒に転がってきた

1m以上ある幾つもの岩。

あれがまだ片付けられておらず、

そのままでした…。

 

お隣の山口県をはじめ、

熊本、島根、大分、愛知、等など

多方面からボランティアさんが

JRを使って 遠方からマイカーで集合。

そして皆さん、身支度、持参品がカンペキ!

飲み物を小ぶりのクーラーボックスで

十分な量持参なさっている方も多くおられました。

 

卯月の1日の流れ

まずは坂町災害たすけあいセンターの情報を

広島災害ボランティア情報にて、

坂町災害たすけあいセンター」を見ると、

◆集合場所

坂町社会福祉協議会1階アセンブリーホール(安芸郡坂町平成ヶ浜一丁目3番19号)

※JR代行バス等で小屋浦地区に直接行く場合は、「サポートこやうら」でも受付可。

(小屋浦小学校内:坂町小屋浦二丁目28番7号)

◆受付

午前9時~正午12時まで

…て事で、8時半着目指して行きました。

9時受付との事だけど、早目に着いた人達の為に

着々と説明を始めてくださり、

もう行ける方は第一弾で行っちゃおう…みたいな。

 

説明受けている中で、

その災害たすけあいセンターに残っての作業したい方

ハードな作業(土砂のかき出し等)の小屋浦地区へ

行ってもOKの方とに分かれました。

卯月は「望むところだ(`・ー・´)ドヤ!」と小屋浦へ。

小屋浦地区の土地勘がある、マイカーで来た方は

先に“サテライト”と呼ばれている

小屋浦小学校に配置されている

『サポートこやうら』へ移動。

土地勘無い私達はマイクロバス等で

マイカー隊を追うように現場までGO。

現場についたらそこで改めて説明を受けて、

指示に従って作業開始となりました。

 

スコップは現場にあります

マイスコップを持参の方も居ましたが、

小屋浦地区には沢山のスコップ、一輪車が

沢山準備されていました。

使い終わったら広島県、たすけあいセンター、

海外協力隊の方がキレイに洗って

次回の準備をなさってました。

また女性でも扱えるくらいの

小ぶりなスコップもあり、助かりました。

 

女性は土砂の中の枝、ゴミを拾う

1軒屋の中に入り込んだ土砂をかき出す作業に

なりました。

男性陣が一気にかき出しやすいように、

当日チームに居た私達女性陣は4人。

4人で屋内の土砂の上に登って、

木の枝をはじめとするゴミを土のう袋へ

拾っては入れる作業を指示されました。

土・泥と木くず等のゴミを分けるように

市や県等から指示されているからなのだそうです。

 

作業の様子

猛暑の中、せっかく集まったボランティアが

熱中症で倒れる事も増えてきていると

注意喚起されています。

また、かき出した土砂は他の団体の方が

ショベルカー+軽トラで運び出す作業をするので、

その間は重機・車の周りは危険だから

作業をストップし、安全な場所へ集まります。

なので、その時を休憩時間としていました。

ショベルカー+軽トラのタイミングがあるから

絶対ではありませんが、

ざっくりと、10分作業したら10分休憩でした。

山の中ですから、風が爽やかに吹いてくれて、

「これだけでも有り難いよねぇ」と

みなさんと口々に話していましたよ(^^)

12時~1時がお昼ご飯タイム。

午後は2時半まで作業をして、徒歩数分の

小屋浦小学校内のサポートこやうらへ戻ります。

作業終了のご挨拶を頂いて、

また指示の下坂町のサポートセンターへ

マイクロバスや大きめの7~8人乗りのワゴンで

帰路につきました。

 

坂町災害たすけあいセンターへの行き方


2018/08/16現在
JR呉線は、呉方面については
坂町の駅「坂駅」まで運行中。

JR広島駅から、JR呉線にて

呉方面の「坂」下車。

北口(坂町役場方面)の看板に従って出ると

陸橋で広い道路を渡れるようになってます。

陸橋直進、右折すると、

右降りる階段手前に案内書きが。


大通りを直進

左手に出てくる坂町役場を左折


すぐに悩む二股道に遭遇しますが、

左の道の方に小さな横断歩道がありますから、

そこを渡って直進(小さな案内が貼ってあった)。

すぐに災害たすけあいセンターが入っている

平成ヶ浜福祉センターが見えてきます。

駐車場はこの建物の手前にあります。

写真のテントが自転車・バイク置き場です。

 

次回は持参物について感じたことを綴りますm(_ _)m

▼応援ぽちっと 有り難し!

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ




『うさぎが好き!』TOPページに戻る

Instagram

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ