【通常使用】サエルトライアルセット

海外セレブから火がついた菌活で腸を健康に コンブチャ生サプリメント

数年前から流行ってますよね。
コンブチャダイエット」とか言って。

この度「この卯月でもコンブチャとやらで
ダイエットサポートやエイジングケア等の
手応えが得られるか!?
ホントかどうか気になります」
メーカーさんに手を上げたところ、
モニター品を試せることになりました!

 

コンブチャ≠昆布茶だった。

『昆布茶って言ったら梅昆布茶とかさぁ、
アレのどこに身体シェイプアップや
アンチエイジングの要素があるんだ?』

って、勝手に思い続けていたんです(笑)

けどある日昆布じゃ無いんだと
何かで読んで、
「ややこしいなーーー^^;」
思いましたよね。

コンブチャは、
酵母や酵素、乳酸菌が入った
発酵ドリンクだそうですね。

かつて日本でも昭和40年~、
「紅茶キノコ」という名前で
存在していたらしいです。

それがアメリカに渡ったらしく、
進化したそうなんです。

卯月30代の頃だったか、
その紅茶キノコが一時流行った事が
ありました。
じゃああれはアメリカで進化したヤツが
再燃したブームだったのかな?

その後、
ダイエットサポート、エイジングケアドリンク
として人気が高まって、
海外の有名モデルやセレブ、
日本のトップモデルなど美意識の高い方々に
愛飲し始めたという経緯なんだそうです。

 

再燃しているコンブチャには「?」な品も


一時静かになって耳にしなくなっていた
このコンブチャ。
テレビや雑誌で特集されたことにより
再ブレイクが始まったそうで、
市場ではコンブチャ商品が多く出回ることに。

但し、
heartful kombucha studio主宰、
発酵コンブチャマイスター、
日本発酵文化協会発酵マイスター、
腸セラピスト認定講師の杉本亜弥さんは

「これをコンブチャと呼んで良いの?…と
思ってしまう商品も出てきているのも事実」

どの商品でも類似品という、
そのような現象は見られますが、
どうやら私は有り難いことに
コンブチャの真の力を語ることが出来て
その詳しいエビデンスもきちんとお話出来、
コンブチャから得られる身体へのサポート力を
自身を持って世に広めようとしてくれている
ちゃんとしたメーカーさんに
出会えたようです。

熱に弱い素材を、生のままカプセルに

そもそもコンブチャに含まれる
酵素、酵母、乳酸菌等って
熱に弱いらしいんですよ。

じゃあ 熱湯で抽出したり
飲んだりしたらダメじゃんね。

だから生のままカプセルにして
摂取させる方法をとったそうで。

1日の摂取量は、この小粒1コだけ。

あとは目的や体質によって
量を変えてみるのは自由だし、
メーカーもそれを推奨してる。

余分な添加物や甘味料は
一切使っていないし、
ダイエッターには嬉しい話、
カプセルに使うベースオイルには
コールドプレス製法のココナッツオイル、
亜麻仁油、エゴマ油を使ってるって
気合の入れよう! 私はそれが嬉しい!

 

他社製品との比較でも優位なコンブチャ。

インスタでかなり宣伝してるし、
過剰な心配はしなくても良さそうだと
思えました。

 

4ヶ月定期購入でも解約が出来るよ

トクトクモニターというコースが
続けるには一番の得策ですが、
初回980円で買えて2ヶ月目以降ずっと
25%OFFで買えるのですが、
ちょっと抵抗のある定期購入という縛りが。
その期間4ヶ月なんですけど
初回の1ヶ月分を20日間使ったら、
ちゃんと解約のお手配が出来ます。

次の配送手続きに入る前に、
「…やっぱりやめよう 何か違うっぽい」とか
気になるようでしたら、
20日経ったら上記文言の下にある
FAX用紙をDLのリンクをポチして、
記入したらFAX送信でお手配しましょう(^^)

▼コンブチャ生サプリメントの詳細▼
ダイエットにいいものを”ぎゅっ”と詰め込んじゃいました!KOMBUCHA生サプリメント

漢方薬でも個人差在るから
暫く使わないと分からないと
漢方医は言うし。

数ヶ月続けてみないと…と言うのは
誰もが言うことですからね(^^)

直ぐに一喜一憂出来るものは
体に負担がかかると捉えたほうが良い。

先ずは軽くてもいいから運動。
これ無しではスリムも健康も何も叶わない。
卯月は実感しています。

興味在る方は、
公式サイトでもっと情報を眺めてみてね。

ではでは~(^_^)/~

参加しているブログランキングのボタン▼
卯月への応援POINTが加点されるので、
どれかポチして頂けると嬉しいです!
ランキングサイトが開きますが、
そのまま閉じちゃって大丈夫でーす(*^ω^*)

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ

blogramで人気ブログを分析




『うさぎが好き!』TOPページに戻る

Instagram

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ