「買って良かったー!」の声続出!【sodastream】

ソーダストリームのガスシリンダー
ソーダストリームのガスシリンダー


去年、思い切って購入したソーダストリーム。

ソーダストリームSource v3(ソース v3) スターターキット

付属品のボトルに水を入れて、
本体にセットしたら炭酸を入れてあげれば、
美味しく炭酸水を飲めるという
すっごくコスパの良い商品です

しょっちゅう作っては飲んでいたのですが、
約1年持ったのでビックリ!

我が家のモデルは
ソーダストリームSource v3(ソース v3)
スターターキット
(19,000円税抜)。

価格がピンきりで自動手動とありますが、
我が家のコは当時手頃な真ん中くらい?
扱いやすい手動タイプ

自動が楽という口コミもありましたが、
本体のの頭を押すだけなので
自動でなくても十分ラク(笑)

あとこのモデルは電源がいらないから
置く場所に困らないんですよ。
電気要らずでコスパが良いのと
四角くてクセのないスタイリッシュさ
使い方がシンプルで良いとの口コミが
多い商品でした。

また上を見ればキリがなく、
値段も跳ね上がる。
コレで何の不自由もありません。

で、ガスが入ったシリンダーが
いよいよ空になったので
近くの取扱店へ買いに行きました。

これから購入を検討している方、
もーめちゃめちゃ簡単だから
見てみてくださいね!

ガスシリンダーの交換方法

初めての交換でちょっとドキドキです!
イヤ、簡単なんですけどね、
初めて扱ったの1年前ですからww

まずガスシリンダーの白いキャップを外して、

ソーダストリームのガスシリンダー


本体後ろのカバーを開けます。

ソーダストリーム本体のうしろ

本体の底からガスシリンダーを
スルスルと入れまして…

ソーダストリームのガスシリンダー交換

金色の金具を本体の窪みにはめたら、
右方向にクルクルと動かし
ネジを止めるようにガスシリンダーを固定します。

ソーダストリームのガスシリンダーを固定

キュッと止まるところまで行ったらおしまい!

これでもう炭酸水を作れますよ!

ガスシリンダーはどれくらいもつ?

一般的な目安として、
この1本で60L分作れます。

炭酸の強度は微炭酸、普通、強炭酸の3段階
なのでこの強度や季節に伴う気温・室温など
環境の状態によっても
ガスの使用量には多少誤差が。

我が家は主に私一人で微炭酸ばっかり使用。
3日に1度は作っていて、1年近く持ちました!

口コミ通り、買ったメリットはデカかった。

この子買ってからコーラやジンジャーエールなど
買わなくて良くなった。

どうせ買うなら1.5Lのペット買うでしょ?
重たい思いして買ってくるのはいつも私。
ダンナは買ってこないもの。
お願いしてもちっこい500mlしか
買ってきてくれないコルァ!!(「゚益゚)「

ソーダストリームにすれば
コーラ味に出来るシロップが売ってる。
しかもそれ市販のコーラよりカロリーオフ

それでも甘いものをなるべく避けて
レモン果汁リンゴ酢を割って飲んだり。
ワインを割ったりよりどりみどり。

使用済みガスシリンダーは捨てないでね

このガスシリンダーは新たに購入する時に、
必ず公式サイト・購入店・取扱店にて
空のガスシリンダーを変換するルールになっています

ソーダストリームが買えるお店は公式サイトか
主にホームセンターや電気量販店などです。

新しいガスシリンダーは、
購入店じゃなくてもどこでも購入可能
卯月は公式サイトで買って
ガスシリンダーは取り扱いのある
近隣のホームセンターで買いました。

空のガスシリンダー持って(^^)
書類にサインをしましたよ。

また通販の場合は
納品されたガスシリンダーを 受け取ったら 、
そのダンボールに空のガスシリンダーを入れて
そのまま配達業者へ渡せばOK
手間いらずですよ。

公式ショップが一番オトク

公式サイトの購入が、
一番おまけの付け方がナイスだったのだ。
卯月はそれが理由で公式サイトで購入。

  • 好きなシロップ1本おまけ
  • 持ち運べるちびボトルおまけ

お弁当のお供になるかなーと思って、
ミニボトルもシロップも欲しかったから!!
最近あまり利用してない(笑)
使おう(^o^;)


▼公式サイトはコッチ

わずか数秒で炭酸水が作れる世界No.1炭酸水メーカー「ソーダストリーム」



▼楽天市場公式ショップはコッチ

sodastream公式ショップ


これは本当に思い切って買って大正解だった!
またこの夏もお世話になります!


ではでは~(^_^)/~

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村
ソーダストリームのガスシリンダー
最新情報をチェックしよう!
>うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎを飼う上での共有やヒント、
自分が楽しむ情報もここで。