ギフト・ショーで出会った日本の技【HAPPYNESS STYLE】

先月の2月、
大規模な展示会・商談の場である
第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー2017春 へ
出掛けてきました。

生活雑貨の大見本市なので、
通常この会場の出入りは
小売業仕入れ担当・バイヤー等の関係者のみで、
一般の方は入場できないんです。

販売員している時なら行けたと思うのですが、
「一度行きたいな~」と思いつつ時は過ぎ。

今年たまたま、思いがけないご縁を頂戴出来て
有り難いことに出掛けることが出来ました。

ただっ広い会場は
東京国際展示場ビックサイト。

 

ここから先は、撮影禁止になっています。

東と西に会場が分かれ、
まずは東の会場から回ってみました。

そこで目を奪われた、
可愛くユニークな刺繍のアクセサリー。

頂いてきたカタログ写真をご紹介しますよ(^^)

株式会社タナベ刺繍様が、
「HAPPINESS STYLE」という刺繍アクセサリーブランドの
販路を広げにいらしておられました。

2,3色の刺繍だったら良いのですが、
それ以上色が増えると職人さん達に
「日が暮れちゃう!!」と断られてしまうものなんだそうです。

大体日本のものづくりってそうみたいなんです。
ハンドバッグのお店に努めていた時に
メーカーさんに聞いた話です。

職人不足とは言え、腕の良い職人さんは居るんです。

何が問題かというと、例えば
「ここにこう言う風に金具をあしらって…」
と、細かい作業を依頼をすると、
「そんな細かくて多いと日が暮れちゃう!
出来ない!
と、避けられちゃうんだそうです。

ところがこれを中国人に依頼すると
「いいよ」
と あっさりOKが出るんですって。

そういう面でも外国を頼らざるを得なかったんですね…。

こちらは「うるはしう」って文字になって。

「てふてふ」 ふふふ♪
シックな感じでいてユニーク♪

孫悟空の筋斗雲みたいな雲

私は直接販売の窓口になれないけど、
こんな鮮やかで匠な技術の伝統が
楽しく身につけられるようになれば良いな。

服飾小物の販売員やってるとき、こういうの売りたかった。
本当に売りたかった。
お客様に自信を持っておススメしたかったな…。

この日この時ブースにいらした
アクセサリーのデザイナー:得丸(とくまる)様と
お名刺交換させて頂き、
日本製の良いものをブログで紹介したいから と、
掲載をご了承頂いてきました。

世の消費者の皆さんのお声がメーカーさんに届けば、
きっと販路が一気に広がり、
あちこちで手にとることが
きっと叶うようになると思います(^^)

大量生産は出来なくても、
その1つ1つの手作業の貴重さをご理解頂ければ
お客様には待って頂けると思いますしね。

どんな会社?→ 株式会社タナベ刺繍
ブランドHP→ HAPPYNESS STYLE
HAPPYNESS STYLEのfacebookページはこちら

ギフト・ショー、楽しかったですよ
仕入れしていた頃を思い出してワクワクしました。

今後もちょいちょい掲載して参りますので、
皆様には日本のものづくりを応援して頂けたら
本当に本当に幸いです。oOo。.:*:.。

ではまた次回をお楽しみに(*’ε`*)チゥ

*関連記事:
 <ギフトショー超入門>初めてでも安心!仕入れ交渉の基礎知識
*この記事はアフィリエイト・プログラムではありません。

▼応援ポチ頂けたら狂喜乱舞します(^^)
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
blogramによるブログ分析
エステも、ネイルも、ヘッドスパも。『ソシエのエステティックギフト』

最新情報をチェックしよう!
>うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎを飼う上での共有やヒント、
自分が楽しむ情報もここで。