「ぺっとくりん」でうさぎアイテムのみならず、ウイルス除菌や消臭も!

ぺっとくりんうさぎ用2ℓパッケージ

新型肺炎コロナ対策で、マスクだけでなくアルコール消毒商品も品薄になっていますね。

余計な外出を避けていますが、お仕事となればリスクを伴って外に出なければなりません。

しかし除菌アイテムはアルコールだけではないと思い、色々検索してみた結果、私は「ぺっとくりん」の2ℓボトルを買いました。

 

ぺっとくりんうさぎ用2ℓパッケージ

この「ぺっとくりん」、お水なんです。

うさぎが舐めても大丈夫で、ぺっとくりんシリーズ中でも「ウサギ・小動物用」となっています。
「ぺっとくりん」ウサギ・小動物用のボトル裏の説明

 

 

一体どのようなお水なのか?

発売元の「チャーム」公式サイトによると、

  1. 有効殺菌成分である「次亜塩素酸(厚生労働省が認めている安全な食品添加物)」を、高度な技術によって「高密度(ph6.5)」にしたので、お水での希釈が「低濃度」だとしても、その「密度」という工夫から極めて力強くウイルスをアタック!!
  2. ウサのおしっこ臭をはじめとするニオイの素(分子)を、素早く分解
  3. アルコールに比べ、お肌に近い弱酸性の「ph6.5前後」という数値だから肌荒れの心配ナシヽ(^。^)ノ
  4. 噴射後有機物に触れて除菌水のお役目が終わったら、「お水」に還ります。だから環境にも安心だし、ウサや人の口に入っても何ら心配ナシヽ(^。^)ノ

さらには下のグラフを見てみて下さい。一般的なアルコール除菌アイテムや次亜塩素酸を使った類似品に比べ、「ぺっとくりん」は見事なほど優れた力であるというエビデンスを持っているんです。

ぺっとくりんの実力比較表
参考画像:charm公式サイトより

 

実はこの「ぺっとくりん」、人用もあるけれど、この騒ぎの中売切れです。

しかしウサギに安心して使えるノンアルコールアイテムで、インフルエンザウイルスやノロウイルスなどのウイルス類にも対応可能なのは有難い限り。

ノズルがついている「ぺっとくりん」2ℓボトル
ノズル付きなのが嬉しい

個人の勝手な推測ですが、その「人用」と「うさぎ・小動物用」って、きっとその差は大したことない。

「人用」の説明文に「ペットの身の回りの除菌・消臭に」という一文が。ただ「噴射の際には、ペット及び人の目や口・鼻などに直接当たらないようにしてください」という注意書きも。

だったら卯月オカンは「ぺっとくりん ウサギ・小動物用」を共有させて貰っちゃおうと思いました。

ウイルス除菌や消臭に「ぺっとくりん」

以前charmでお買い物をしたとき、別の類似品「人とペットに優しい除菌消臭水」っていうパウチ商品をおまけで頂いたことがあったのです。その使い心地も良かったため、信頼感が持てるのです。

因みにその「人とペットに優しい除菌消臭水」と「ぺっとくりん」では、「ぺっとくりん」の方がウイルス対策には適しているようですよ。

これを100円ショップで買った、ガラスのアトマイザーに入れて持ち歩こうと思いまして。情報番組で某医師の方がお見本で「僕も持ち歩いているんです」って背広のポッケから出して見せてくれていたんですよ。

100円ショップで買ったアトマイザー

気になった時には、これでいつでもシュッシュ!

除菌水をシュッシュしたところ

プラスチック製のアトマイザーはもう品切れだったのですが、むしろガラスのアトマイザーが残ってくれていて良かったです。

なぜなら、これが時として「ハッカ油」を使ったシュッシュを作りたい場合、説明書に「ハッカ油は強力なので、移し替えないでね~、ペットボトルはダメよ~、ガラスじゃないとダメダメ。」と注意書きをしている商品を見たのです。

↓そのあと近くのドラッグストアで見つけて買って来た「ハッカ油」。この商品には前記の注意書きはなかったけれど、覚えておいて守っておいた方が良さそうですね!
ハッカ油とアトマイザー

このハッカ油の使い道はまた後日記載することにして、清潔を保つシュッシュアイテムを、卯月さんはこのようにして作りました。

 

うさぎの清潔を保ち、飼い主の健康にも一役かってくれたら嬉しい限り!
お昼寝するうさぎ

 

圧倒的に「人用」の商品を使う人が多いと思うのですが、この商品説明を読んだら私は気にしない。

「パッケージが違うだけ」とかいう商品も世の中沢山ありますし、人用だけどペットも大丈夫って商品を実際使っている人もいらっしゃるし。

良かったら参考にしてみてくださいね(*´ω`)

だばね~(^_^)/~!




ぺっとくりんうさぎ用2ℓパッケージ
最新情報をチェックしよう!
>うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎを飼う上での共有やヒント、
自分が楽しむ情報もここで。