ファーストクラスで使用されているこだわりの美味しさ ベジターレ

健康志向高い方、
美意識の高い方、
自然派食品がお好みの方、
そして国産にこだわる方には是非
べジターレを御覧頂きたいです。

べジターレは、日本の野菜や果実
伝統食材を通じて日本のこだわりや美味しさを
世界中に広める事をコンセプトにし、
オシャレで栄養豊かな様々なギフトを提案しているブランド

一般には見た目や規格重視が多い中、
全国のファームを訪れて品質や生産者のこだわりを見定め、
「国産の逸品」を厳選させています。

ナイアガラ スパークリング
(フルボトル、ノンアルコール)
長野県産のぶどう マスカットの品種・ナイアガラを使用した
砂糖不使用、無着色・無添加のスパークリングワイン。


下の写真はバレンタインギフトの状態なので
男性的な雰囲気でシックなのですが、
ホワイトデー、母の日、父の日…
用途に応じて相応しい包装を準備してくれています。

赤もありますよ。

またハーフボトルもあって、
同じ品の2本セットなどバリエーション豊富に
お取り揃えがありますよ。

トマトクリスタル と コーディアルシロップ

【トマトクリスタル】
日本酒・大吟醸の『雫取り』という日本の伝統技術を応用し、
トマトのしずくを一滴一滴丁寧に集めた品
自然の重力のままに滴り落ちる上質なトマトのエキス。

この1本でトマト10個分!(一日のビタミンC摂取量はトマト2個)
水、砂糖、防腐剤等などは一切、一ッッッ切不使用!
純粋なトマトの、この貴重な黄金のジュースを
ストレート良し お酒で割るも良し、
特別な日にお料理に使うも良しで、召し上がれ。
仲間で赤いトマトジュース【トマトルビー】もあります。

またこのようにじっくり集めたトマトの透明ジュースは、
「トマトのスープ」としてお肉、お魚、乳製品を一切頂かない宗派の
お坊さんがお食事として作っていたりもしているんですよ!
去年からのFELISSIMOに、「癒やしのお寺ごはんプログラム」って
ありますけど そろそろ終わっちゃうな…(詳細記事)、
これを監修している青江さんのお料理を頂く機会があって、
お寺ごはんの著書発売と同時だったので、
書籍を購入して読ませて頂いた上で、
そのお食事頂ける恵比寿でのイベントに
参加した事があります。

2012年ですね、もうそんな前になるのか。
凄く美味しかった そしていかに自分が使える部分を
無駄にしているかが把握できて、
「女として多少なりとも改善せねば(-_-;)」
と思いました(笑)
トマトスープ、卯月が持参した青江さんの本に載ってますよ⇩

>お寺ごはん

価格:1,188円
(2017/3/2 20:31時点)

コーディアルシロップ ボタニカルハーブ
国産ハーブを使用したライムベースの爽やかなシロップ。
お水、お湯、お酒、ジュースで割って飲んだり、
ヨーグルトにかけて召し上がったり使用は様々。
レモングラスをベースにミントや月桃、カモミール風味なので
爽快感がありながら、癒される風味。


こちらは「ボタニカルハーブ」ですが、
他に仲間が葡萄&カシスジンジャー
柚子ジンジャー、瀬戸内レモンがあります。

主にはアラサー女子~上は限りなく、
男女共に美容や健康思考の高い方々、
また国産にこだわっている方に
強い支持を頂いているブランド・商品達です。

「わぁ、気の利いたプレゼントだなあー」と
喜ばれるそうです。

官庁開催のコンテストで数々の賞を受賞し、
ファーストクラスにも利用されているという
ちょっとハイクラスなお品物。なのに手頃。

1年を通じて「あ あれお持たせとかにどうかな…」
と使って頂いておかしくない品なので、
贈り物は勿論、
たまには自分にステキな栄養補充をするのに…
用途はあれこれ。

素材や商品の生産者の技術と熱意がこもったべジターレ
どうぞ覚えておいて下さいね(^^)


もう少し気温が上がったらね~。

 

うさぎの生野菜ゴハンにトマトはOKですが、
実の部分だけです。

ヘタ、葉っぱ、茎の部分には毒になる要素があります
かと言って少量等食べちゃったからすぐにどうこうなるわけではありません。
食べ続けたら段々体調が…という感じです。
なので、与えるのは赤い実だけにしてくださいね。
また夏野菜だから暑くなってから
与えたほうが良いですよ 体を冷やしますからね

▼ベジターレ御購入はこちらから

ではでは~(^_^)/

※2017-4-1より、こちらの記事はアフィリエイト・プログラムではなくなりました。
良いお品なので是非引き続きご活用下さい(^^)

▼応援ポチ頂けたら狂喜乱舞します(^^)
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
blogramによるブログ分析

最新情報をチェックしよう!
>うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎを飼う上での共有やヒント、
自分が楽しむ情報もここで。