ナーブルスソープを使ってみた。

さてさて、
しっかりヴィーガンやハラール仕様に
作られていると国際的な認証を得ている
ナーブルスソープ

メインの石鹸は、この5種類。
ナチュラルオリーブオイル
タイム
アボカド
ぶどう
死海の泥

 

私は混合肌です。
時間が立つと鼻の頭が油田になります。

春夏はカサカサする場所は無いけど、
秋冬になると、肌をアップで見つめると
頬骨のあたりや下瞼のしたの辺りとか、
一部に乾燥小じわが発生する感じです。

また化粧品は 夏はサッパリ系
冬は程良くサッパリがあるしっとり系が
好きです。
コテコテは苦手です。

そんな私がチョイスしたナーブルスソープは
『アボカド』。

ピュアなオリーブヴァージンオイル100%に
アボカドの抽出物が加わっていて、
エイジングケアのお手伝いをしてくれるそうで。

確かにビタミンEが豊富で
『森のバター』と言われているし、
「最も栄養価の高い果物」と
ギネス認定もされている

寒く乾燥する時期だし、
私の肌はどんな感想を持つかな…

パッケージを開けると、即石鹸がお目見え。
とっても簡素な包装です。
エコで良いですね、十分です。

◆成分◆
オリーブ果実油 67% / 水酸化Na 10%
アボカド油 10% / 水 9% /
アボカドエキス 4%

◆用途◆
洗顔・クレンジング・
ボディー洗浄・シェービング

◆内容量◆100g

◆サイズ◆約7.0 x 4.8 x 2.5cm

 

王道の牛乳石鹸の大きさでしょうか。

ただ、それよりも厚みがあり、
使いがいがありそうですo(´・∀・`)o

さあ使ってみましたよ!

ダンナにお願いしてスマホ撮影したので、
一眼レフよりもちょっと見辛くてゴメンナサイ。

100円ショップの泡立てネットを使用。
濃密泡って程ではないですが、
きめ細やかで優しい泡
ササッと作れましたよ。

因みにこの写真は
撮影を委託しているため、
その間スマホの撮影モードが落ちちゃったり
そんな事があって慌てている内に
泡がへたっちゃうのが嫌だったから、
あまり多くの量を泡立てませんでした。

もうちょっとネットにガシガシこすりつけ、
シャカシャカすればもっと作れたはず。

それでもこんな風に…

(少し明るく、ふんわりの写真加工してます)

泡の弾力は強すぎないのに、
逆さまにしてのたのた2枚撮影しましたが
上の手のひらの泡が
ボタッと落ちることも気配も
全くありませんでしたよ!

 

メイク落としも可能だと言う事で、
ミネラルファンデ+アイシャドウ+
眉墨+ウォータープルーフマスカラの卯月は
いきなりこの泡で洗顔。

卯月はアイメイク用リムーバーとか持ってません。

おめめの辺りだけ
指の腹で限りなく優しくクルクル。

他は泡を密着させて
その弾力だけでムクムク洗顔。

ウォータープルーフマスカラだけは
流石にちょっとだけ残りましたが、
後はそれで綺麗さっぱり落とせました!

肌の喜び方は…
つっぱり感はナシ。
卯月の嫌いなわざとらしい
ヌッペリ感、ノッペリ感まるでナシ。
天然素材で洗い上がったすっぴんは、
慌てて基礎化粧品を使わなくても
カピカピしてきませんでした。

良い仕事してくれましたねー、
この感覚はきっと体中に使ってみれば
心地よさそうですよ。oOo。.:*:.

男性がシェービングに使っても良いし、
卯月が「へえ~~~」と思ったのは、
体臭対策にも使えるそうなんですよ。

冬って意外とあなどれないんですよね、
着込んでいると汗をかくと勿論だけど、
脇や体中から蒸発してた汗とか
自分の体のにおいが衣服にこもって、
上着を脱いだ時にムワッと…

アレ 自分では気付きにくいんですよね^^;

ごぶっといナーブルスソープは
ガッツリ使えて税抜1,380円。
手間を掛けたこの品質で、
「安いな」と思った。
だって、もっと小ぶりなくせに
何千円する物沢山ありません?
ソレに比べればめっさ安いよなあ…

 
400年に渡るパレスチナの技術と努力に
脱帽でした。

1611年からの歴史を誇るパレスチナのオーガニック・ヴィーガン石鹸「ナーブルスソープ」




公式サイトでのレビューでは、
アトピー肌や敏感肌の方の
高評価や喜びの声が掲載されています。
どうぞ参考に見てみて下さいね。

ではまた~(^_^)/~

ブログランキングボタンです。
どれかポチして貰えたら励みになります!!
卯月への応援POINTが加点されるだけです。
サイトが開いたらそのまま閉じちゃって
大丈夫でーす(*^ω^*)

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ

blogramで人気ブログを分析




『うさぎがいる人生。』TOPページに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ