うさぎの結膜炎、治療1週間

うさぎの目アップ

かかりつけの獣医師が指導してくださった通り、丸一週間目薬で炎症を治療していた虎次朗。

うさぎの目薬

お陰様で瞼のふちは、うさぎの飼育書でよく見るキレイなベビーピンクに戻ってくれました。

じぃちゃんだから、以前のようになかなか瞼を開けなく見にくいのですが…

結膜炎の治療をしたうさぎの目
細い…

これ、決して眩しいからではないのです。虎次朗の白内障は、もう「光がある・暗いか明るいか」すら分かりません。真っ暗なのだそうです。

寂しいですねぇ… 生きていれば仕方のないことです。これも命の尊さを学ばせてくれます(´゚д゚`)

下瞼の中も赤味がさしていましたが、それも落ち着いたようでした。

そのため、ここで一旦治療に切を付けて様子見に切り替えます。

目薬は引き続き冷蔵庫で保管。もし虎次朗の目にまた異常を感じたら、また引っ張り出して目薬をさせばOK。

目薬とうさぎ

よく頑張ってくれました(*^^*) 気を付けて観察して行くことにします!


うさぎの目アップ
最新情報をチェックしよう!
>うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎを飼う上での共有やヒント、
自分が楽しむ情報もここで。