うさぎの価格っていくら?

時々、うさぎの値段がいくらなのかという質問を散見します。結論から言うと、卯月が見てきた経験ですと、おおよそ3,000~5万円強・6万円以下です。しかしこれは大きく2分化されます。それは血統書付きのうさぎか、雑種(MIX)かです。

遠い目のウサギ
遠い目。

何なんですかねその開き。血統?なにそれ美味しいの? 保ってるってそんなにエライの?って思いますよね(;^ω^) うさぎは血統をしっかり守られている方が、良いものなでしょうか? また血統書付きと雑種とでは、お迎えしてから育てやすさや健康面など大きく異なるものなのでしょうか。

ウサママ歴も知らないうちに10年以上経った卯月さん(ホントに気付いたら大台入ってた)。これまでうさぎを飼育してみて、また飼いながら周りを俯瞰で見て来て、凄くざっくりな主観なのですが、ちょっと綴ってみたいと思います。

血統書付きは高級ウサギでお高い

家系図

「血統書」とは、そのうさぎが「純血種」であることの証明書です。主に3代前までの血統が記されます。うさぎを繁殖させ販売しているラビトリー・うさぎの生態販売専門店・ブリーダーさんが発行手続きをすることができます。

ラビトリーさんやブリーダーさんは、うさぎの品種の血統をそれはそれは大切に尊重し、守りつつ、日々研究していらっしゃいます。またか弱い生き物だから、生態を保護管理しつつ血統を維持するのは難しい事なのではないでしょうか。そうした中、品種の様々な条件を受け継いで生まれ出てきたうさぎは、かけがえのない宝石のようなもの。単純な言い方ですが、その繁殖者の尽力と技能・技術のお代も入っているのです。

ホーランドロップイヤー
パンダな模様「マスク」が整っているのも、実は貴重らしい。

以前「うさぎの生命を操作するようなことをしているのはいかがなものか と、自問自答することもある」と仰るブリーダーさんの声を見聞きしたことがあります。繁殖者様たちはそんな葛藤も持ちながら、しかしただ純粋にうさぎという動物と、その血統やDNAの素晴らしさに感動しているのだという事を知りました。

このようなことから、血統書付きうさぎをうさぎ専門の業者さんからお迎えする場合、

  • うさぎの生態販売専門店で3万円後半~6万以下
  • うさぎブリーダー販売で1万円後半~4万円以下

が多かった印象があります。匠と呼ばれる専門職人が製作した日本製のお品を購入することに、似ているのではないでしょうか(*^^*)

雑種(MIX)うさぎは3,000円くらいからとリーズナブル

うさぎ「ルビー&ホワイト」
初代うさぎ・白丸はうさぎ専門店からお迎え

根本的に、うさぎの繁殖力はハンパ無い。1年中繁殖可能。また1回の出産で平均5~6羽のベイビーが生まれてきます。「PLAYBOY」というアパレルファッションブランドがウサギマークであるのは、そういった理由からなのだそう。

小動物販売でうさぎも扱っているホームセンターやペットショップでは、3,000~23,000円で販売されている場面を見たことがあります。但し、大抵商品名として単純に「うさぎ」や「MIX」などと添えて表記されていますが、「ネザーランド」「ホーランドロップ」などババーンと書かれていても、血統書が無いならMIXである可能性もありえます。

実際我が家の初代はうさぎ生体販売専門店で「ネザーランドドワーフ ルビーアンドホワイト」として購入しましたが、

  • 血統書は無し
  • 成長したらなんか割と大きい(先祖返りって話もあるけどさ…)
  • 価格は1万円越えだったかな…

色々無知だったこともあり、成長するにつれ、はじめちょっと「? ??」となったこともありました。とは言え品種や血統を特に気にせず、生れてきたかわいい子は、それはそれで尊いもの✨ 血統付きでも無しでも、うさぎはうさぎ。モフモフで可愛く、愛おしいことには変わりありません。

血統書付きうさぎなら病気しにくい?

そんなことありません(キッパリ)。血統書付きを購入して目の病気が即見つかったり、胃腸が弱かったりする場合もあり、色々です。

確かにブリーダーさん達は病気など起こりにくくするために、健康体のうさパパママで新しい命をブリーディングなさっていたりとか、有ると思います。だけど結局は個体差って出るので、健康・長寿が約束されているものではないと感じます。

倒れているうさぎ
お腹のお薬が欠かせない子も…

あるとしたら、穏やかな性格のうさぎで繋いできた子だから、代々みな割と性格が穏やかでおっとりしている…とかでしょうか。人と一緒ですよね。それでも兄弟の個性、みんなバラバラだったりしますものね。

五つ子

雑種うさぎも同じです。血統書が無いから短命・病気しやすい・飼育しにくい・雑種だから逞しさがある・命強い…などは聞いたことがありませんし、無いと感じます。

うさぎを飼い始めて2~3年くらいは、卯月も「血統書あるうさぎのほうが健康でいられるのかな、雑種の方がたくましいのかな」とか疑問を持っていました。でも全くそんなことはなく、純血うさぎも雑種うさぎも健康面や寿命に差はなく、どっちもどっちだと分かりました。

まとめ

リンツのゴールドバニー
こうは行かない。生きてるんだもの(^_^)
  • うさぎの価格は3,000~6万円以下が相場
  • 血統書を持つうさぎの価格は高く、うさぎ生体専門販売店で4万前後~6万以下、ブリーダーさんから直接購入で2万円前後~3万円台くらい
  • 雑種うさぎの価格はお安く、3,000円くらいから。但し「ネザーランドドワーフ」「ホーランドロップ」などうさぎの品種の特徴だけ記してある場合も大いにあり、3,000~2万円台な感じで販売されていることもある

高い子でも安い子でも里子を無料でお迎えする場合でも、タイプはどうあれ「あ この子」っていう運命の子は居るものです。そしてその出逢いは、マジでプライスレス

もっとも大切なのは、多くののうさぎ飼い主様が口々に仰る「運命の子を探し出してあげること」です。これからうさぎと共に生活することを考えている皆様に、唯一無二の出逢いがあることを願っています✨

 


最新情報をチェックしよう!

うさぎの飼育の最新記事8件

>うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎを飼う上での共有やヒント、
自分が楽しむ情報もここで。

error: Content is protected !!