動物実験していないメーカー掲載のコスメガイド販売中 JAVAグッズストア ※このバナーはJAVA様の使用許可を頂いております

エンセファリトゾーンが原因だった! 虎次朗斜頸治療開始

うさぎの虎次朗、斜頸画像


うちの3代目うさぎ・虎次朗

斜頸が出てきてしまい、
現在抗生物質の投与する治療が始まりました。

今日で3日めです。

右後ろ足の踏ん張りが利かない事があったのは、
歳のせいじゃなくて
エンセファリトゾーンによるものでした。


4月8日㈪ 夜

夜の部屋んぽ中、
子鹿のバンビが初めて立ち上がるように
体の軸を確かめるような姿を見せた虎次朗。

「明らかに普通じゃない」

そう思って、翌朝かかりつけの動物病院へ
連れて行く予定を立てていました。

うさぎの虎次朗、カーペットでうとうと
そしてまた箱座りでうとうと…


そしたら その翌朝のことです。


4月9日㈫

虎次朗の首が若干向かって左に
傾いていることを確認したんです!

うさぎの虎次朗、斜頸を確認した朝
こんな角度はしょっちゅうするけれど、曲がっていました。


「(゚д゚)! こりゃ斜頸だ!」

現れてしまいました…。

とにかく開院同時に飛び込めるように
自宅を出発。

移動中虎次朗がリラックス出来るように、
大好きなハーブのローズマリーと
チコリーをお弁当にして…

うさぎのためのおやつ

獣医師に診てもらったところ、
微胞子原虫の一種である
エンセファリトゾーン・カニキュリの寄生による
小脳の炎症による中枢性の斜頸であることが
確認されました。

斜頸の原因はもう一つ、
パスツレラ菌等による細菌感染から、
内耳の異常などからくる末梢性のものがあります。

うさぎの虎次朗の耳

今回うちの虎次朗は耳はキレイだったため
耳からの来る末梢性ではないことが
ハッキリしました。

「レントゲンを撮って、
体内の様子を見てみて、
それで今後の治療の方針を
決めようと思います。」

病院スタッフの方々に虎を預け、
私は少々待合室で待つことになりました。

次回はご参考までに
実際虎次朗のレントゲン写真をご紹介します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ