動物実験していないメーカー掲載のコスメガイド販売中 JAVAグッズストア ※このバナーはJAVA様の使用許可を頂いております

虎次朗 手術後の傷口

我が家の3代目うさぎ 虎次朗。

腫瘍摘出手術を済ませて

退院して2~3日の様子。。。

本当に穏やかに、

のほほんと過ごしています。

 

先制鎮痛法という術式で

行われた手術によって、

虎次朗は術後の痛みを引きずること無く

今までと同じく普通に過ごせているようです。

退院の時に私が獣医師に伺ってみた

注意点は、

「(暫く)広い範囲で

遊ばせないで居て下さい。

良い範囲は…ケージの中程度ですね。」

だけだった。

人間が手術後暫くはベッドの上で

安静にしているのと同じだなって思った。

今まで患部はどうなっているのか

見たくても気が引けていました。

虎次朗がうたっちした時に

チラと随分キレイな様子が見えました。

思い切って見てみることにしましたが・・・

旦那に頼んだ撮影は失敗…

『動物相手の瞬時撮影』が叶わず
虎次朗様ご立腹…(-_-;)

別の時に私がぱぱっと見た感じを

ざっくり絵にしてみますね。

患部の毛は豪快に剃られているかと

思っていたのですが、そうではなく。

傷口部分の皮膚は

土手のように多少ぷくっとしていて、

縦にピーっと5センチくらいの長さで

赤い線として傷口が確認できました。

退院後1~3日程は、

気になるのか時々患部を

舐めていましたが、

その後は全く。

普通のセルフグルーミングを

いつものペースで行っているだけ。

 

あと3日で抜糸。

溶ける糸じゃ無かったんですね。

理由があるんだろうな。。。

後ちょっと

あとちょっとだけケージ生活

頑張ろうね虎次朗

頑張ろうね!

ではでは~(^_^)/~

参加しているブログランキングのボタン▼
卯月への応援POINTが加点されるので、
どれかポチして頂けると嬉しいです!
ランキングサイトが開きますが、
そのまま閉じちゃって大丈夫でーす(*^ω^*)

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ

blogramで人気ブログを分析




『うさぎが好き!』TOPページに戻る

Instagram

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ