うさぎの生活環境 寒暖差激しい秋の盲点

うさぎのケージ周り 夏のイメージ

真夏に比べると気温が低くなってきて、うさぎにとっては過ごしやすくなりました。

うさぎのケージ内の室温秋

しかし部屋を閉め切りにすると、秋や冬でも日中は部屋が非常に暖か

夕方や夜帰宅すると、非常に部屋が温まっているから心地良く思う事も多いのではないでしょうか。

夕方帰宅後の窓の風景イメージ

しかし休日にケージ内の温度計を観察してみると、例えば我が家は未だ27度近くになることもあります。

人には「蒸し暑さはないし、暖かで心地よい程度」と思っても、うさぎにとってはどうでしょうか

うさぎのケージ周り 夏のイメージ

今年新しくシニアウサギ用のケージに買い替えた時、寒暖差を無くすための段ボールは古くなったので撤去。

抜け毛や牧草のチリ避けとして、半透明のプラスチック製段ボールで新たに囲いました。

冷房を付けて、普通に適温を難なく維持。

 

ところが寒くなるにつれ、日差しが傾き窓に差し掛かってケージを温め始めます。

秋の日の傾きイメージ

プラスチック製段ボールは、普通の段ボールほど遮熱効果がありません

そのため我が家では、少し薄めですが何かの荷物で使われてきた発泡スチロールで遮熱して対応。

白いから段ボールよりも光を通してくれるため、お部屋に明るさと広さを感じて気に入ってます。

これで3℃くらい簡単に落ち着いてくれました。また臨機応変に、窓からの換気や扇風機などでさらに調整も。

うさぎのケージ内室温調整に使う扇風機
宇宙人みたいな扇風機を、棚の上に置いて

しかし真冬はきっと物足りなくなるはず。またうさぎにとっては暗い方が落ち着くでしょうね

兎ファーストは忘れちゃいけないから、寒さが増して来たら段ボールで囲いを作ることにしました。

100円ショップで備品を準備しないと( ´∀`)bグッ!

うさぎのケージの室温調整する段ボール
いずれ対応できると思ってとっておいた段ボール

気温が落ち着いたとは言え、油断は禁物。

実は日中うさぎが熱がっていないか、皆さんチェックはバッチリでしょうか。

適温の中のうさぎ

自宅の構造やお住いの地域などで、気温の変化はさまざま。

中途半端な時期ですから、気にしていなかった人は是非チェックしてみてくださいね。

コレお風呂上り用に買った扇風機(同シリーズ)


ではまた~(^_^)/~

 

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村



うさぎのケージ周り 夏のイメージ
最新情報をチェックしよう!
>うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎブログ「うさぎが好き!」

うさぎを飼う上での共有やヒント、
自分が楽しむ情報もここで。